ミズノチズ 2004〜2007

明治新政府によって開拓史札幌本府が建設された場所は、現在の札幌市街地を縦断して石狩川に合流する豊平川が形成した扇状地の端に位置します。かつてそこには、湧水池とそれを源流とした河川とが、それぞれにアイヌ語の固有名を持ちつつ、アイヌ文化にとってきわめて重要な水系を形成していました。
「ミズノチズ」は、それらの水系が消滅し、不在となった水の流れに沿った歩行の記録です。

TSUYUGUCHI KEIJI/露口啓二